おくむら大腸肛門クリニック院長のブログ

岡山市の大腸肛門専門クリニックの院長のブログです。

あくら通りって?

クリニックの地図を更新しました!

f:id:okumura-clinic:20171101200025j:plain

本日、当クリニックのホームページ上のアクセス地図を変更しました。以前の地図にあった隣の川崎病院さんが移転したのと、当院の周りには一方通行が多く、車で来院する場合の行き方が分からないとの問い合わせが多かったんです。そこで今回地図の手直しをしてもらいました。すごくいい地図だと思いませんか?業者の方、ありがとうございました。

さて、当院の前の道路は変則的な一方通行で、スクランブル交差点になっているクレド岡山側からは車の進入ができません。なので車で来院される場合はあくら通り経由で来ていただくことになります。ちなみに当院前の道路のあくら通り側の信号は対向2車線で、進入することも出ていくことも可能です。これはおそらく天満屋の駐車場出口が当院の南側にあるからだと思われます。

今回「あくら通り」という名前を地図に載せたのですが、そもそも「あくら」って何ぞや?という素朴な疑問が湧いてきました。そこでネットで調べたところちゃ~んと誰かが書いて教えてくれてました。(下記参照)

どうやら「あくら」というのは、岡山市の市の木にも指定されている『クロガネモチ』の、ローカルな呼称で、あくら通りというのは、クロガネモチが多く植えられている通りという意味があるのだそうです。ところでクロガネモチってどんな木だっけ?(笑)帰りに見に行ってみますね。

ついでにこのページには面白い事も書いてました。

「あくら通りのように『通り』がつけられた道は東西に伸びている道で、道の方向が南北に伸びている場合は、『(すじ)という表現が用いられています。」とのことです。知らんかった!岡山にも市役所筋ってのがありますもんね。納得です。しかしまあ、この年になってもまだまだ知らないことはいっぱいありますねぇ。日々勉強です。本日は以上です。それではまた~!

www.okumura-clinic.net

広告を非表示にする

広島で内視鏡のハンズオンセミナーに参加

 f:id:okumura-clinic:20171019222717j:plain

9/30(土)はクリニックを1日お休みにして朝から広島大学内視鏡のポリープ切除のセミナーに参加してきました。患者の皆様にはたいへんご迷惑をおかけしてすみませんでした。

さてこの「広島EMR/ESDハンズオンセミナー」ですが、素晴らしいのはただ講義を聞くだけではなく、ブタの腸を使って大腸カメラでポリープを切除する練習を行えるということです。ブタさんには申し訳ないんですが患者さんの身体でいきなり練習をするわけにはいきませんので、このように動物の臓器を利用してあらかじめスキルを習得するということは医学の世界ではよく行われています。私も以前大腸癌の腹腔鏡手術をしていたころは、静岡や福島の専用の施設に手術の練習をしに行ったことが何回かありますよ。

大腸内視鏡検査は挿入技術だけに目が奪われることが多いようですが、それだけではなく病気を診断する診断技術、そしてポリープ切除などの治療の技術も同じくらい大切です。今回はこの治療技術向上を目指すセミナーでした。会場は広島大学医学部のキャンパス内で、北海道から九州まで全国から20名ほどが参加していました。毎年希望者が多く、参加者は選考会で選ばれるようです。私は幸運にも参加することができ、1日クリニックを休みにしてまで来たので、「吸収できることはなんでも吸収して帰ろう」と日頃から疑問に思っていたことを講師の先生にたくさん質問しました。私の担当の講師の先生は広島大学内視鏡診療科の先生で、一目見て「あぁ、この人は優しくて頼りがいのあるいい先生だ!」と思わせるような方でラッキーでした。やっぱり聞きやすい先生がいいですもんね。この先生は良い意味でのいわゆる「人たらし」の雰囲気を持っている方ですごく感じのいい方でした。私もこんな先生になれたらいいなあと思いますね。一緒のグループにいた同じ広島大学の若い先生に聞いたら、「若手から絶大の信頼を受けている先生ですよ」ということでした。やっぱり。

実技では普段できないようなやり方をわざとやってみたり、合併症が起きた場合の対処法などを教えていただきました。朝から夕方までの実習時間があっという間で非常に充実してました。帰りは当然JR広島駅でお約束のお好み焼きを食べました。オタフクソース最高~!また来年も参加しようかな。

それではまた!

f:id:okumura-clinic:20171019222809j:plain

www.okumura-clinic.net

 

 

「私、痔主になりました」

お勧めの漫画です

f:id:okumura-clinic:20170825194846j:plain

先日、スマホでYahooのページを見てたらお勧めの記事として7月に「私、痔主になりました」というコミックが発売されたというページが出てきました。ヤフーとかは、見ている人の過去の検索歴から興味のありそうな記事を優先的にピックアップしてるみたいで、日常的に痔の話題を検索している私にはお勧めの記事として判断されたようです。(笑)で、記事を読んでみてやっぱり面白そうだったので早速購入してみました。まさにヤフーの思惑通り…

作者さんのブログで第1話が読めるのでリンクしときますね。

実際読んでみると本当に面白く、痔で悩んでいる患者さんの気持ちが手に取るように分かって、肛門科の専門医としてとても参考になりました。「患者さんって、こんなに悩んで病院に来てるんだなぁ」とあらためて分かります。同時に、「これだけ勇気を出して来てくれた患者さんの期待に背かないよう、専門医としてしっかり診察して治療していかないといけないな」と身が引き締まる思いがしました。皆さんもおしりを診察されるのは勇気がいる事だと思いますが、ぜひ早目に受診してくださいね。

個人的には本の中で、痔瘻の手術である「シートン法」の説明がツボでした。「ほっぺたに穴をあけて、口と穴にゴムを通して輪ゴムを結ぶと、ゴムの力で徐々に穴と口がつながってゴムが取れる。」今度患者さんに説明するときに使わせてもらいましょう!この文章を読んでもシートン法が良く分からない方はぜひ本のご購入を。分かりやすい絵入りで説明されてます。amazonでも買えますよ。ちなみにうちのクリニックの待合室にも置きました。当院に来られる方は待ち時間にでもどうぞ。それではまた~!

www.okumura-clinic.net

学会参加(ついでに金魚)

ジオン(ALTA)について勉強してきました。

f:id:okumura-clinic:20170713223436j:plain

先週の日曜日、東京まで行って「内痔核治療法研究会」という学会に参加してきました。これで3年連続の参加です。この学会は毎年この時期の日曜日にあるので、開業医としてはクリニックを休みにする必要がなく、参加しやすい学会です。主にジオン(ALTA)という硬化療法を使用した痔核の治療法に関する学会です。ジオンは2005年から日本で認可され保険で使用できるようになった薬で、注射で痔核を固めて治すという患者さんからすれば夢のような薬です。ただしすべての痔核に使えるわけではなく、基本的にはおしりの奥にできている内痔核にしか注射できませんが、最近は外痔核を伴う内痔核に対しては、外痔核だけは小さく切除して取るという手術を併用することでジオンを使える例も増加しています。私もこの併用療法で痔の治療を行うことも多いですが、かなり手術効果に手ごたえを感じてます。日帰り手術が可能で、痛みも少ない治療法として今後どんどん増えていくのではないでしょうか?ただし一定の確率で再発例はあり、学会では再発しやすい方の原因の検討や手術手技の工夫などが1日討論されました。東京で一緒に働いていた先生も多数来られており、久しぶりの再会で楽しかったです。

学会終了後移動して日本橋アートアクアリウムというイベントを見てきました。実は出張の2日前に、朝の「めざましテレビ」でたまたま放送していたのを見て、丁度東京に行くからと急遽行くことにしたんです。

f:id:okumura-clinic:20170713223028j:plain

会場は暗闇にライトアップされたたくさんの金魚が泳ぎ回っており、なんだか夢の中で見るような光景でした。毎年やってるみたいで、今回のイメージは「竜宮城」だとか。

f:id:okumura-clinic:20170713223123j:plain

よく見る普通の金魚でも、展示の仕方で随分印象が変わるもんだなと感心しました。うちの待合室にも金魚鉢にビー玉入れて光を下から当てておくだけで結構雰囲気いいんじゃない・・?と思いましたね。(笑)

f:id:okumura-clinic:20170713223214j:plain

感心したのは掛け軸のような縦長の水槽に黒の出目金を入れ、それにプロジェクションマッピングを組み合わせたもの。

f:id:okumura-clinic:20170713223308j:plain

泳いでいる金魚の影自体が水墨画のようにもなっていて、とても印象的でした。背景の絵も動いてどんどん変わっていきます。さすがセンスありますねぇ。

しかし、このイベントが終わったらこの金魚たちはどうなるんでしょうか?「最終日には金魚すくい大会とかに変わるのか?それともまた転売されるのか?」と、どうでもいいことを考えながら会場を後にしました。相変わらず短い滞在でしたが楽しめました。やっぱ、東京って刺激的ですね・・みなさんも東京に行く機会があったらぜひどうぞ。

それではまた~!

www.okumura-clinic.net

沖縄日帰り出張

腹腔鏡手術のお手伝い

f:id:okumura-clinic:20170620184421j:plain

 先日病院を1日休みにして沖縄に行ってきました。患者さんにはご迷惑をおかけしてすみませんでした。でも遊びに行った訳ではありませんよ。以前東京の病院で一緒に働いていた先生に「手術を手伝って欲しい」と依頼を受けたからです。彼は私より年下の先生ですが岡山の田舎から出てきた私に親身になってあれこれ教えてくれて、非常に助けてくれた方なんです。彼は今、沖縄に行って総合病院でゼロから大腸肛門科を立ち上げて、非常に頑張っている先生です。なんと月に一回地元のラジオで自分の番組を持っているんですよ~。番組名は「おしりだヨ!全員集合!」だそうです。一度聞いてみたい・・(笑)お世話になった先生に頼まれたら、遠方とはいえ、むげには断れませんね。さてそうは言っても、開業医である私はそうそうクリニックを休むことはできないので、今回はなんと日帰りで沖縄出張です。朝8:20のJAL岡山空港を出発し那覇へ向かいます。沖縄といっても飛行機ならわずか1時間45分のフライトでつきます。東京に行くのとあまり変わりませんね~。

病院は那覇市内のリゾートホテルを改装してつくったらしく、病室は全室個室とか。非常に開放的できれいな病院でした。

f:id:okumura-clinic:20170620184517j:plain

同僚の先生の執刀で腹腔鏡下直腸固定術という直腸脱に対する手術のお手伝いをしてきました。この手術は東京山手メディカルセンターの山名哲郎先生に教えていただいた術式です。今回は助手でしたが近いうちに岡山で、今度は私が執刀する予定です。メッシュなどの人工物を使わないラパロの固定の術式はまだ岡山ではあまり行っていないはずで、今後広めていけたらいいなあと思っています。

f:id:okumura-clinic:20170620184601j:plain

手術も無事に終わり、帰りのフライトまで2時間ほどあるので一人で那覇の市場へ。沖縄に来た時にはいつも立ち寄る有名スポットです。

f:id:okumura-clinic:20170620184641j:plain

ここで定番の豚の顔と対面して、ついでに2階の食堂で海ブドウ丼と沖縄そばを食べてきました。

f:id:okumura-clinic:20170620184715j:plain

f:id:okumura-clinic:20170620184824j:plain

帰りは午後6時半発のフライトです。食事の後は、いそいそと空港へ向かいました。沖縄滞在わずか8時間。身体はたいして動かしてませんが、さすがに岡山につくとぐったりしました。今度はまたゆっくり来たいですね。それではまた~!

追記 沖縄の先生が自分のブログに今回のことを載せてくれてました。ありがとう!(下記リンクを参照してください。)沖縄好きなんでまた呼んでくださいね~。沖縄在住の方、もしおしりのことでお悩みなら「大浜第一病院」お勧めですよ!

ameblo.jp

www.okumura-clinic.net

広告を非表示にする

私の好きな街

鎌倉

f:id:okumura-clinic:20170606205738j:plain

今日は私の好きな街について書こうかと思います。お気に入りは断然鎌倉です。東京にいる時も何度も週末に行ってました。鎌倉は今の季節は町中いたるところにアジサイが溢れてます。私のアジサイ好きは鎌倉から始まってます。

鎌倉に行くときは東京から藤沢まで電車で行って、そこから江ノ電に乗り換えるのが定番でした。江ノ電の古い車両に乗ると電車は家と家の間をすり抜けるように走り、そのうち江の島が見えてきます。その後は海沿いに町中を走っていきます。サーフィンをする地元の人も多いようで、原付バイクにサーフボードを積むキャリアをつけている人も多く、地元の人は朝や仕事帰りに気軽に海に行ってサーフィンを楽しむようです。

f:id:okumura-clinic:20170606205815j:plain

途中下車して漁港近くの小さなお店で生シラス丼を海をホケーっと見ながら食べた後、再び江ノ電で鎌倉の中心部に向かいます。

f:id:okumura-clinic:20170606210231j:plain

鎌倉市内で一番のお勧めは梅雨の時期の明月院というお寺です。ここはアジサイが非常に有名で「明月院ブルー」という、ここでしか見られないと言われる深い青色のアジサイが楽しめます。私もたくさん写真を撮りました。アジサイの時期は大変な賑わいです。実は今年は私の自宅にもアジサイを植えようと思って、鉢植えをたくさん購入しましたよ。

f:id:okumura-clinic:20170612224148j:plain

夕方になると稲村ケ崎に移動して夕日を見ます。関東では夕日を見る絶景ポイントとして有名です。夕方になると地元の人や観光客がたくさん集まってきて芝生の丘に座って思い思いに過ごしています。

f:id:okumura-clinic:20170606210139j:plain

赤く染まる富士山と江の島や海、そして海岸線沿いを走る車のライト。波の音や潮の香りを感じながら、とても贅沢な時間が過ごせます。

f:id:okumura-clinic:20170606210013j:plain

「あ~、鎌倉に住んでいる人が羨ましい!」と思える景色です。ここでは豊かな生活が送れそうな気がします。年を取ったら鎌倉に住みたいなあと本気で思いますね。

皆さんもまた機会があったらぜひ鎌倉でのんびり過ごしてみてください。それではまた~!

www.okumura-clinic.net

 

広告を非表示にする

桜の良さをしみじみと感じた今日この頃

先日の雨で旭川の河川敷の桜もあっという間に散ってしまいましたね。皆さんはお花見行かれましたか?私も仕事帰りに旭川の河川敷に何回か行きましたよ~。一人で夜桜を見ながら屋台でイカ焼きやフランクフルトを買って食べ歩くのが密かな大人の楽しみです。(笑)ホント桜っていいですよね~。散るときの寂しさがまたいいです。

私は若いころはそれほど桜には興味はなかったのですが、いつの頃からか毎年3月頃になると桜が咲く日を待ちわびるようになりました。東京にいた時は有名な目黒川やら上野公園はもちろん、皇居の開放日にわざわざ出かけて皇居内の桜を見に行ったこともあります。

でも今まで見た桜の中で一番感動したのでは福島県三春滝桜という桜です。

日本三大桜に数えられる大木で、樹齢は1000年以上とのこと。2年前東京にいる時のある日曜日、ちょうど今が満開だと知り急遽新幹線とローカル線を乗り継いで福島県まで行ってきました。三春というところは小さな田舎町ですが、町中に桜が溢れていて桜のシーズンには大変な観光客で賑わうようです。中でも最大の桜がこの滝桜で、町はずれの小高い丘に一本だけ立っていました。この日は空の青さと丘の緑、菜の花の黄色に囲まれて、鮮やかな満開の桜が楽しめました。

f:id:okumura-clinic:20170417202400j:plain

この日は昼前に現地に着いたのですが、あまりの素晴らしさに圧倒され、夕方暗くなるまで少し離れた丘の上から一人でボーっと桜を眺めていました。被写体としても最高だったので、持参の一眼レフで写真をたくさん撮りましたね。f:id:okumura-clinic:20170417202434j:plain

夜桜もまた格別でしたよ~。

「もう岡山に戻ったらこの桜が満開の時に見に来ることもできないだろうなあ」と、後ろ髪を引かれる思いで何度も振り返りながら東京へ帰りました。

皆さんもチャンスがあればぜひ一度行ってみてくださいね。ではまた~!

www.okumura-clinic.net

広告を非表示にする